看護師の5年目の役割とは?

看護師5年目転職TOP >> FAQ >> 看護師の5年目の役割とは?

看護師の5年目の役割とは?

看護師経験5年目となれば、看護師としての業務が一通りできる時期で、チームリーダーとしての役割もしっかりとこなせる時期と言えるでしょう。 看護師経験5年ということは、働く環境で医師との連携もスムーズにとれますし、看護業務に必要なスキルはほとんどマスターしているとも言えます。 ただ、それゆえに迷いも生じやすい時期とも言えるため、この時期をさかいに転職を考える方も多くなります。

看護師5年目となれば、スキルを十分に備えた看護師と認識され医療現場では、所属の臨床場面において単独で看護を行う事が求められます。 更に医療現場において業務リーダーを実施出来る事はもちろんのこと、チームリーダーとしての役目、役割を認識した上で遂行出来る存在でもあります。 そのため、経験5年目の看護師に求められる役割とは、各臨床現場で円滑な看護業務を行い、各業務のリーダー的役割をこなす事になります。 当然、看護師という仕事は常にスキルアップ可能な職業となるため、5年という経験におぼれず常に自己学習活動を展開出来ることも必要になります。

このように経験もある程度積んでスキルも十分にある看護師5年目に求められるのは、それまでに培った経験に基づく業務という事になります。 とはいえ、ある程度仕事のノウハウを習得出来た時期というのは、何かと迷いも生じやすく、満足感、達成感等が減少しがちになってしまいます。 また、勤務先への不満が出始めるのも丁度勤続3〜5年目ぐらいなので、この時期に転職を考える看護師さんも多いのです。

いずれにしても看護師業界は、常に人手不足で各医療現場の看護師は不足傾向ですから、転職に伴う求人は豊富です。 しかし、看護師の収入は各医療現場で随分と違ってきますから、看護師が転職を検討する場合は慎重に選択していかなければいけません。 看護師業界は、求人も豊富で看護師における需要も高いですが、転職率、離職率も高い業界といえるので、転職に際しては慎重な行動と決断が必要です。

選択肢によっては、同じ年数、スキルでも年収に100万円前後の差が生じる場合もあります。 同じ仕事量をこなしている看護師でも職場によって年収390万円という看護師もいれば、年収500万円という看護師もいます。 もちろん仕事に対するやりがいというものは、収入だけではありませんが、看護師という仕事は非常に過酷なだけに仕事量に見合う収入を得るのは当然ですから、スキルや経験、目的に見合う求人をしっかりと見極めなくてはいけません。

5年目の看護師向け求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※5年目>転職ランキング All Rights Reserved.