看護師5年目の転職のデメリットは?

看護師5年目転職TOP >> FAQ >> 看護師5年目の転職のデメリットは?

看護師5年目の転職のデメリットは?

看護師経験5年目となると、仕事への自信とそれに伴う能力が備わっています。 そのため、看護師経験5年目の転職はデメリットがあるというよりもメリットが多いといえます。

看護師経験が浅ければ、求められる能力以上のことを求められても中々スムーズに業務を行う事ができません。 しかし、5年という経験と知識があれば、どの環境へ転職しても業務に対する知識が備わり、経験もあるので心配もありませんし、かえってどの現場でも求められる存在となります。

ただ、この時期のデメリットに通じる迷いというものがあります。 何かしらの5年目という時期は迷いが生じやすく扱いづらさも出始めます。 こうした部分が看護師5年目のデメリットといえるでしょう。 先ずこの時期は、目標が明確にない事が多く、今後どのように進めばよいのか分からなくなる時期でもあります。 その為、色々な事に迷いが生じ転職を考えるものの、いざ転職をしても「本当に正解?」等の不安が生じたりもします。 いずれにしても、この時期の転職はメリットが多い半面、些細な事にも不安が生じ迷いを生じる部分がデメリットになるため、メリットを上手に活かした転職をする必要があります。

例えば、3年〜5年目の看護師さんなら、ある程度スキルと経験があるのでそこを活かして上手に転職すればよく、世代が20代であれば体力が十分にあるので、その事を上手く活かし転職をすればよいのです。 また、20代という世代での転職は、転職を機に退職までずっと同じ職場になる可能性もあるので、長く勤務できるというメリットを活かし転職をするのです。 若ければ、若いほど職場への順応も早いですし、順応しやすいですからそうした部分のメリットを上手に活かして転職をすると失敗の転職にもつながりません。

看護師は、存在自体が需要も高く引く手も数多の状態なので、経験の有無に関係なく求人は豊富に存在します。 しかし、各職業には世代ごと、経験ごとの売り時というものがあり、その絶好のタイミングがこの看護師5年目なので、そこを上手く活かして転職をすれば希望にマッチした転職となるはずです。

ただ、看護師というのは、職場によって条件が大きく違います。 もちろん、それは収入にも響きます。 看護師自体、どの現場でも仕事量は過酷なので、それに見合う条件で働ける求人を確保しなければいけません。 そのため、看護師の転職には、看護師転職に特化した転職エージェントの利用は欠かせません。

5年目の看護師向け求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※5年目>転職ランキング All Rights Reserved.